【近畿大学通信教育部】編入資格や単位認定などを解説

近大通信

10月16日、ついにテキストが届きました。

前籍校を9月30日付で退学予定でしたが、それまでに出願したかったので退学見込みみたいな証明書は貰えるのか問い合せたところ

見込みの証明書は発行していない。

退学手続きが終わった後に退学許可書が発行されるのでそれまで待ってください。

と言われて結局退学許可書が届いたのが10月に入ってからでした。

こういう事情で出願するのが遅くなってしまい、

まりも
まりも

やっとテキスト届いたー!

という感じです。

なんとか無事に編入出来たので、今回は近畿大学通信教育部に編入する方法や単位認定について書いていきます。

スポンサーリンク

編入資格

2年次編入と3年次編入があり、それぞれどれかに1つに当てはまっていれば編入できます。

2年次編入
  1. 4年制大学に1年以上在籍し、30単位以上を修得
  2. 専門学校など第2学年を卒業

3年次編入
  1. 4年制大学を卒業
  2. 4年制大学に2年以上在籍し、60単位以上を修得
  3. 短期大学を卒業
  4. 高等専門学校(5年制)を卒業
  5. 専門学校などを卒業
  6. 学士の資格を持っている

出願に必要な書類

  1. 入学志願書
  2. 最終学歴の証明書
  3. 編入学資格証明書(最終学歴が専修学校の専門課程卒業の方のみ)
最終学歴の証明書とは

卒業している場合→卒業証明書
中退している場合→在籍期間証明書など退学していることが明記された証明書

入学選考は無いので編入資格あって書類に不備が無ければ、すぐに入学できます。

詳しい入学方法などはこちら

近畿大学通信教育部を徹底解説

単位認定/履修科目

編入する場合は単位認定があります。

それぞれの単位認定数は次の通りです。

2年次編入

総合科目:22単位

外国語科目:8単位まで認定

専門科目:外国語科目との合計単位数が8単位をこえない範囲で認定

計30単位を一括認定

3年次編入

総合科目:24単位

外国語科目:8単位まで

専門科目:外国語科目との合計単位数が36単位をこえない範囲で認定

計60単位を一括認定

私の場合は2年次編入なので、総合科目22単位・外国語科目2単位・専門科目6単位、計30単位が認定され、卒業までに必要な単位数は残り94単位となりました。

私が選んだ通信授業科目は次のとおりです。

通信授業科目
・英語読解
・ドイツ語読解
・民法総則
・憲法
・刑法総論
・商法
・労働法
・裁判法
・法社会学
・日本法制史
・著作権法

この他にも面接授業科目を履修する必要があります。

まとめ

ここまでの内容をまとめていきます。

  • 2年次編入に必要な単位数→30単位
  • 3年次編入に必要な単位数→60単位
  • 準備する書類→最終学歴の証明書と成績証明書

通信制大学は卒業が難しいと言われているので無事に卒業出来るのかという不安もありますが、まずはコツコツとレポートを進めていきたいと思います。

近畿大学通信教育部に編入を考えている方は、ぜひ参考になればと思います。

プロフィール

まりも

気分屋でマイペースな大学生ブロガー。高校不登校→N高に転入→通信制高校から現役で大学進学→中退→近畿大学(通信制)に編入。母子家庭で20歳にして波乱万丈ですが人生楽しんでいます。 好奇心旺盛で多趣味なHSS型HSP。リゾバで旅しながら半年働いて半年休む生活がしたいです。
詳しいプロフィールはこちら

フォローはこちら
タイトルとURLをコピーしました