「務める」「勤める」「努める」「勉める」どれを使う?それぞれの漢字の意味と正しい使い方

校正

同じ読み方をする言葉を同音異義語と言います。

「務める」「勤める」「努める」「勉める」

これらの漢字はいずれも「つとめる」と読みますが、あなたはこの漢字を正しく使い分けられますか?

スポンサーリンク

「務める」の意味と使い方

ある役割や任務を引き受けて、その仕事をする。

大辞林

「務める」という漢字は、役割や任務に対して使うのが正しい使い方です。

例文を見てみましょう。

「舞台の主役を務める」
「結婚式の司会を務める」

「勤める」の意味と使い方

 職に就く。官庁・会社などで職員として働く。勤務する。
 仏道に励む。勤行(ごんぎょう)する。また、仏事を営む。

大辞林

「勤める」という漢字は、おおまかに言うと働くという意味で使うのが正しい使い方です。

「務める」と意味は似ていますが、「勤める」は主に職業に対して使います。

例文を見てみましょう。

「企業に勤める」
「奉仕活動に勤める」

「努める」の意味と使い方

 精を出して仕事をする。努力して事を行う。
 無理をしたり、がまんしたりして行う。こらえてする。

大辞林

「努める」という漢字は、努力や我慢をして何かを行うという意味で使うのが正しい使い方です。

「務める」や「勤める」とは何かをこなすという点では共通していますが、「努める」の場合はより一層力を入れて行うというイメージなので、少しニュアンスが異なっています。

例文を見てみましょう。

「事故防止に努める」
「勉学に努める」

「勉める」の意味と使い方

 精を出して仕事をする。努力して事を行う。
 無理をしたり、がまんしたりして行う。こらえてする。

大辞林

あれ?と思った方もいると思います。

「勉める」という漢字は「努める」と同じ意味です。

表外音訓という常用外漢字なので一般的には「努める」が使われていますが、「勉める」でも間違いではありません。

違いと使い分け

では、それぞれの使い方についてまとめてみましょう。

「務める」→役割や任務に対して使う
「勤める」→職業に対して使う
「努める」「勉める」→努力や我慢をして何かを行う

同音異義語は意味を間違えて覚えていたり意味は分かっていても漢字の変換を間違えてしまったり、とにかくミスが起こりやすいです。

「自分が正しいと思っていた使い方が実は間違っていた」ということも起こり得ると思いますので、再度確認してみましょう。

プロフィール

まりも

校正者を目指し日本エディタースクールの校正コースを受講中

好奇心旺盛で多趣味なHSS型HSP。
興味を持ったことに対しては全力で取り組む、気分屋でマイペースな大学生ブロガー。
進学校からN高に転入→通信制大学に在籍中

タイトルとURLをコピーしました