【auスマホ】2年以上使うと損をする!?auをお得に利用する方法

お金/節約

今のスマホに機種変更してちょうど2年が経過しました。

24回払いだった機種代も払い終わり、携帯代安くなっているはずだと思って明細を確認すると……

まりも
まりも

あれ?あまり変わってない

実は機種変更せずに2年以上そのまま使うと損をするような仕組みがあったのです。

私が使っているauを例に書いていきたいと思います。

こんな人におすすめ↓

  • auの「毎月割」が適用されるプランに加入している人
  • 2年経っても機種変更する予定がない人
  • auをお得に利用する方法を知りたい人

毎月割は2019年9月31日に終了しましたが、それ以前にスマホを購入した人は加入している可能性があります。

スポンサーリンク

毎月割の仕組み

毎月割とは、機種購入と同時に指定のプランに加入することで月々の利用料金から割引を受けられるサービスです。

機種を24回払いで購入した場合、毎月割が24ヶ月適用され機種代金の実質負担額が安くなります

私の場合

機種代金 3,810円
毎月割  2,670円
3,810円-2,670円=1,140円

つまり月々の機種代金は実質1,140円となります。

しかし、2年経つと機種代金を払い終えると同時に毎月割も終了します。

すると毎月割が適用されない分、月々の携帯代は高くなります。

機種代金を払い終えたのに料金がそこまで変わらなかったのは、この仕組みがあったからです。

2年経ったらどうする?

2年経ったのに何もせずそのまま使い続けると損をします。

お得に使うには選択肢は3つ

  1. 機種変更をする
  2. プラン変更をする
  3. 格安SIMに乗り換える

機種変更をする

これは無難ですね。

どうせ値段が変わらないなら、いっそ新しい機種に変えてしまうのも一つの手です。

「今のスマホまだ使えるのに買い換えるのもったいない」

「使いやすくて気に入ってるから変えたくない」

という人には以下の2つの方法がオススメです。

プラン変更をする

auピタットプランauフラットプランに変更することで携帯代を安くすることが出来ます。

新auピタットプランNでは毎月のデータ利用量に応じて月々の支払額が変わるので、データを余らすことなくお得にスマホを利用できます。

1ヶ月あたりのデータ利用量が4GB以内で収まる人はこのプランがオススメです。

それ以上使う人は以下のプランがオススメです。

4~7GB→auフラットプラン7プラスN

7~20GB→auフラットプラン20N

格安SIMに乗り換える

格安SIMは大手キャリアの回線を借りることで驚異の安さを実現しています。

auのスマホをそのまま使う場合、同じau回線の格安SIMを使うのがオススメです。

au系格安SIM↓

プラン変更でどれくらい変わる?

私はこれを機にプランを見直しました。

データ利用量は〜4GBにして、利用量が多い時だけ料金が上がる新ピタットプランNに変更をしました。

すると、元々7,000円だったプラン利用料が2,980円になりました。

これなら格安SIMと大差ないですよね。

実は、この料金には家族割auスマートバリューの割引が含まれています。

スポンサーリンク

auをお得に利用する方法

auをお得に利用するにはauスマートバリューがオススメです。

auスマートバリュー公式サイト

auスマートバリューとは「スマホや携帯やタブレット」「ネットやテレビ」をセットで使うことで、auの携帯料金が割引になるサービスです。

auを使っている家族全員に適用され、1台あたり500円〜2,000円の割引を受けられます。

対象の光回線は

【auひかり】
【コミュファ光】
【So-net光プラス】
【ビッグローブ光】

などなど

自宅でネットを使う人なら損は無いサービスです。

まとめ

この記事では

  • 2年経つと毎月割が終了→そのまま使うと損をする
  • 機種変更orプラン変更or格安SIMにするとお得に使える
  • auを一番お得に使うならauスマートバリューがオススメ

ということを書いてきました。

私は気付くのが遅れてお金を無駄にしてしまい、もっと早く知っていれば良かったと思ったので、この記事が参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

プロフィール

まりも

気分屋でマイペースな大学生ブロガー。高校不登校→N高に転入→通信制高校から現役で大学進学→中退→近畿大学(通信制)に編入。母子家庭で20歳にして波乱万丈ですが人生楽しんでいます。 好奇心旺盛で多趣味なHSS型HSP。リゾバで旅しながら半年働いて半年休む生活がしたいです。
詳しいプロフィールはこちら

フォローはこちら
タイトルとURLをコピーしました