N高の職業体験は参加する価値あり!図書館司書体験に参加したときの体験談

N高

私は2017年11月8日~12日までの5日間、佐賀県の武雄市図書館にて図書館司書体験に参加しました。

参加者数は男子3名,女子5名の計8名。

その日始めて顔を合わせたメンバーとの4泊5日の共同生活や、実際に体験をしてみた感想などを書いていきます。

2年前の体験なので今とは若干変わっている可能性があります。毎年全く同じ内容という訳では無いので、その点ご理解の上あくまで参考程度にご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

図書館司書とは

司書は都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員です。司書補は司書の職務を補助する役割を担います。

司書・司書補になるための資格は司書講習を受講するほか大学・短大で単位を履修することで取得できますが、司書・司書補として活躍するには当該自治体の採用試験を受けて図書館に配属されないといけません。

文部科学省

簡単にまとめると図書館で本の貸出案内を行う職員です。イベントの企画を考えたり子供たちに読み聞かせをしたり、その仕事は多岐に渡ります。

司書の主な仕事を体験

返却カウンター

返却された本を処理してジャンル毎に振り分けていきます。

配架

返却された本を書架に戻します。

広い館内のどこにどのジャンルがあるのか最初のうちは全然分からなくて、簡単そうに見えるけどすごく苦戦しました。

書架整理

棚が乱れていたら綺麗に直して、違うジャンルのものが混ざっていたら元の場所に戻しに行きます。

いくら整理してもキリがなくて大変でした。

レファレンス

図書館の利用者が必要としている情報を提供し、調べ物の手伝いをする仕事です。

どういうキーワードで検索し、どう絞り込むか、利用者が求める情報を的確に検索する方法を学びました。

読み聞かせ体験

最終日に子供たちの前で読み聞かせをしました。

まずは司書の方が実際に子供たちに読み聞かせをしているところを見学させて頂いて、簡単な説明を受けました。

そして読み聞かせに使う本を選書して、読む順番どこで手遊びを入れるのかを決めていきました。

読み聞かせ練習の様子

本番は「子供たちがちゃんと聞いてくれるかな」「楽しんでくれるかな」などいろんな不安もありましたが、最終的には盛り上がって貰えたので練習した甲斐があって達成感でいっぱいでした。

初対面の人との生活

初対面の人といきなり4泊5日という経験は、滅多に無いんじゃないかなと思います。

年齢も出身地もバラバラ、みんなどういう性格なのかも分からないし何を話したらいいのかも分からない状況で、最初は本当に不安でした。

でもそれは最初だけで、2日目ぐらいには慣れてきて次第にそれぞれが気が合う人と一緒に居るようになり、なんとなくグループが固定されてきました。

そのとき一緒に行動していた友達とは卒業した今でも定期的に会っているぐらい仲良しなので、良い友達に出会えてよかったと思っています。

5日間ほとんど一人になれる時間が無くて、精神的にも体力的にもすごく疲れました。

でも、それ以上に楽しさもあったので乗り切ることが出来ました。

夜遅くまでお菓子食べながらUNOやトランプで遊んだり喋ったりして、次の日起きるのが辛くなりました。(自業自得)

なんだかんだ楽しんでいました

まとめ

私は大学で司書の授業を受けましたが、レファレンス読み聞かせを授業で習ったとき、周りには経験したことがある人は全くおらず、図書館司書体験ですごく貴重な体験をさせて頂いたことを改めて実感しました

泣いたり笑ったり、大変なこともあった4泊5日でした。

でもこの経験は私の人生において大変価値のあるものとなりました。

卒業しても会いたい

そう思えるような友達にも出会えました。

私は参加するか最初は迷っていましたが、今となっては参加して本当によかったと思っています。

プロフィール

まりも

気分屋でマイペースな大学生ブロガー。進学校を中退→N高に転入→通信制高校から現役で大学進学→学費が払えず中退→通信制大学に編入。波乱万丈ですが人生楽しんでいます。 好奇心旺盛で多趣味なHSS型HSP。

フォローはこちら
タイトルとURLをコピーしました